動物の漢方・鍼灸外来をはじめます。

7月から漢方・鍼灸外来の専門診療を始めます。

<担当医>増田 国充 先生
国際中獣医学院日本校認定講師 ますだ動物クリニック院長

増田先生は静岡県にてご自身のますだ動物クリニックにて診療を行っている傍ら、動物看護師・ドッグトレーナー・トリマー養成校の講師や獣医師対象の鍼灸セミナーを行っております。今回当院にて漢方・鍼灸外来を行っていただくことになりました。

ますだ動物クリニックでは月に50-100件の鍼灸治療を行っており、また西洋医学(手術や治療薬)で治らない動物や、検査では全く異常がないものの下痢が治らない、なんとなく食欲がない、最近動きたがらないといった動物、そしてオーナーさんを悩ませる症状をもつ数多くの動物が日々来院しています。

実際に診療の対象を以下に挙げます。

【鍼治療の対象症例】

  1. 頚椎椎間板ヘルニア
  2. 胸椎・腰椎椎間板ヘルニア
  3. 変性性脊髄症(DM)
  4. 変形性脊椎症
  5. 股関節炎・肘関節炎
  6. 免疫介在性関節炎
  7. 神経疾患(てんかん・神経麻痺)
  8. 健康維持対策
  9. 腫瘍関連

【灸治療】

灸の効果は

  1. 温熱作用(熱刺激により白血球活性化、炎症や疼痛を緩和する)
  2. 経穴刺激作用(気流の流れを改善する)
  3. 免疫強化作用(循環を改善し、自律神経を調節する)
  4. アロマテラピー作用(艾葉そのものの香りと生薬としての作用)

*適応症例は針治療と同様です。

増田先生は鍼灸以外にもそれぞれの症状に合わせた漢方薬を用いた治療もご提案しておりますので、ご相談ください。

漢方・鍼灸外来をご希望の方は、まずはお電話にてお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる